ガレージ 木製キットガレージ 組み立てガレージ ツーバイフォー二輪・四輪ガレージなら亀岡トライアルランド


Q6
水平に見えている舗装された広い場所(たとえば駐車場など)の一角にコンクリート舗装のガレージを建てたいのですが、基礎はせずにそのまま木製の建物を組み立てられますか?
図面1:壁の下側はこのように外側に壁パネルが出ています。
オーバーハングといいます。
ですから指定の基礎の大きさより大きくならないように基礎をつくります。
1cmほど基礎を小さくすると水の切れがよく、建物にはいいようです。

【基礎部分と壁パネルの接地面の構造】

家の前や広い駐車場などは平坦に見えていても、一般的に水勾配があってほんの少し傾斜しています。
雨が降ったとき水たまりができにくいようにしてあります。
ガレージを建てるとき、建物の下は水平でなければなりませんから、図面2のように水勾配の傾斜とは別に基礎をつくり、水平を確保します。
直接水勾配のある舗装面には組立できません。
また、水勾配がなく実際に水平であっても建物の部分は接地面から5-10cmあがったところにコンクリート面がくるようにしましょう。
雨の降り込みをふせげます。

地面がゆるやかに傾斜(水勾配)している場合建物部分はかならず水平にします

質問メニューへ戻る
男の隠れ家 大人の秘密基地 ガレージトライアルガレージオーナーとの対談
トライアルランド内会場利用案内ブログ 独歩森トラブログブログ レストアクラブ
通信販売法に基づく表記English会社概要アクセス地図トライアルランド内展示案内お問い合わせ
バナーです 当社のバナーです 営業時間:午前9:00から日没まで 定休日:金曜
〒621-0255 京都府亀岡市本梅町西加舎大畑14 PHONE 0771-26-3377 FAX 0771-26-3378
株式会社亀岡トライアルランド
Copyright 2000- KAMEOKA TRIAL LAND Inc. All rights reserved.
ホームページ制作 南大阪 エントランスウェブ